キャッシング会社一覧

モビット

三井住友銀行グループの「モビット」についてお話します。


モビットは、パソコンやスマホ、携帯などのインターネット、
自動音声案内の電話、FAXは24時間営業です。


スタッフ対応の電話は営業時間が9時から21時までと限られています。


また、ローン申し込み機や提携ATMではその場所で営業時間が異なるそうです。


モビットを利用する場合、満20歳から65歳で
安定した収入のある方なら審査が可能です。

また、自営業やパート・アルバイトの方でも利用対象になると書かれています。


申し込むにあたって、担保や連帯保証人、印鑑は必要ないです。




申し込みの際に送付する書類

●本人確認のための免許証の写し
※免許証を持ってない方は、有効期限内の健康保険証かパスポートの写し


●収入証明書類
源泉徴収票・税額通知書・所得証明書・確定申告・給与明細書のうちいずれかの写し


モビットの申し込みの流れ

パソコン・携帯・スマホ・FAXでなら、
最短30分で申し込みからカード発行までが完了します。


どの申し込み方法で申し込むかによって、
審査結果の連絡方法が異なります。


パソコンで申し込みして、WEB完結の場合はカードの発行はないので、
審査後入会手続きをそのまま済ませて、
入会完了メールが届き次第モビットを利用することができます。

その他の携帯、スマホ、FAX、郵便、電話、ローン申込機よりも早く利用開始できますね。


まず、融資が可能かどうかは公式サイトの
「審査シミュレーション」を利用して試すことも可能です。

入力した内容は、引き継いでそのままカード申し込みすることもできます。


さらに、返済シミュレーションでは、
毎月の返済額や返済月数をシミュレーションすることもできましたよ。




申し込み後郵送される書類

申し込みをして契約時に郵送される書類には、
「MCセンター」名で送られてきます。


内容には、入会申し込み書、契約内容確認、入会申し込み手続きのご案内、
預金口座振替以来書、会員規約、「Myモビ」のご案内、ATM/CD一覧、
返信用封筒、返済日・返済額についてのご案内、モビットカードと書かれています。




借入方法

「振込キャッシング」と「提携ATMのキャッシング」の2種類。

●振込キャッシングは、自分の口座に振込まれるものです。
●提携のATMのキャッシングは、銀行やコンビニ、提携ATMでキャッシングできます。


モビットの金利
・・・・実質年率4.8%から18.0%


借り入れ残高×実質年率÷365日=返済期日までの利用日数
と記載されています。


手数料・年会費とも無料なので、利用しやすいと思います。




モビットの利用限度額
・・・・1万円から500万円
この利用限度額の範囲内であれば、何度でも借り入れすることができます。




返済方法

●提携ATM
銀行、コンビニ、提携ATMで返済する


●口座振替
三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行を持っている方は毎月自動で引き落とされます




返済日
・・・・毎月、5日、15日、25日、末日のうち都合のいい日に設定できます。

さらに、返済方法は借入後残高スライド元利定額返済方法です。


これは、最終借入残高に応じて返済額が変わるものです。

また、少し余裕のあるときには通常の返済額よりも多く返済したいってときも可能です。
そうすれば返済期間も短くなるし、利息も少なくなりますよね。






<<前の記事「SMBCコンシューマーファイナンス株式会社(プロミス)」へ
                                 >>次の記事「アイフル」へ


FXのスプレッド